介護のみらい

転職、就職に関する情報 キャリアコンサルタント試験対策、メンタルケアなど、 「仕事」に関する悩みを解決できればと考えています。

【介護職への転職】転職活動っていつから始めればいいの?仕事が忙しくて時間がない!



 

こんにちは、はるです。

私は、20年程HR採用・人材派遣・人材紹介分野で働いてきて、

現在は介護施設さんのコンサルタントを多く行っています。

 

最初に始めたのは7年程前採用コンサルタントとして働かせていただきました。

それから経験を重ねる内に”介護職の魅力”を再認識することができました。

 

そこで転職を考えている方・悩んでいる方に、

少しでも介護業界の存在を知ってほしいと思い、介護業界への転職方法や、介護職の魅力、働き方などを伝えていこうと思います。

 

今回は、転職活動スケジュールについてです。

 

まずは自分の中のスケジュールをはっきりさせましょう!

 

転職しようかなと思っても、悩むところって多いですよね!

いつから働けるかなとか、そもそも今働いている会社をやめれるんだろうか?次の会社を決めないとやめれないけどそんな時間ないしとか、色々と考えることは多いと思います。

 

まずは、スケジュールとして転職の目標時期を決めましょう。

そこから逆算していくと今何をすればいいかというのが分かりやすくなります。

 

あなたが働いている会社では退職までにどのくらいの時間がかかるでしょうか?

私の相談者の方の平均で言うと、伝えてから1ヶ月と端数日と言う感じでしょうか?

2月15日に退職の意向を伝えたとすると3月末日が退職日というイメージです。

もし、4月から就業目標としているのであれば2月までに伝えておいた方がいいですね。

 

このような形であなたが働いている会社の意向と合わせる形でスケジュールを決めていくと、よりスムーズに新しい会社に移行できると思います。

 

私が担当している方の平均的な転職期間は3ヶ月程度になります。

 

3ヶ月前:相談依頼がある

    ⇩ (この期間に希望を聞いて求人を提案します。)

2ヶ月前:受けてみたい企業を絞り込み面接・見学を行う  

    ⇩ (介護の会社さんの場合、合格通知は早いところが多いです)

1.5ヶ月前:内定・現在の会社に退職届を出す

    ⇩

入社当日:円満退社ののち新しい会社への入社

 

おおよそこういったスケジュールの方が多いです。

 

もし転職の情報収集の時間がなければプロに頼りましょう!

 

それはわかったけど新しい会社を探す時間が忙しくてないんだけどという方も多いのではないでしょうか、特に業界が変わるとなれば尚更どこを指針にしたらいいのかわからないですよね!

 

そんな時は、プロのエージェントに頼りましょう。

あなたの希望、給与・時間帯・エリア・働き方・資格の取得方法・事前に覚えておいた方がいい物などなど、転職にあたって知りたいことは山ほど出てくると思います。

特に、介護職は求人数も山のようにあります求人票をみただけでは違いがわからない事も考えられます。

 

そこで、実際に施設を見ていたり、話を詳しく聞いているプロのエージェントに頼ればあなたがほしい情報だけをピックアップしてくれて教えてくれると思いますよ!

 

 

〜おすすめのサポート会社〜

 

①ケアジョブ

 

ケアジョブは、完全無料でプロのキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

後、すごくいいのが、お悩み解決コラムというものがあります。

転職してみたいけどどうすればいいのかなという方のお悩みを解決するコラムを掲載していて、転職に失敗した人の事例も載っているのでどういう部分を気をつければいいのかをコラム形式で教えてくれますよ!

 

 

ケアジョブで無料登録

 

②かいご畑

 

かいご畑は、専任のコーディネーターが希望をヒアリングしてくれて、あなたの希望の働き方に合わせたお仕事を紹介してくれます。

そして、とてもいいのが、”キャリアアップ応援制度”こちらを活用すると働きながら0円で資格も取得できてしまいます。不安に思われている部分を相談してみてくださいね。

 

 

かいご畑で無料登録

 

③レバウェル介護

 

レバウェル介護では転職の相談も、もちろんできますが、派遣で働くことも選ぶことができます。

初めて介護職に転職する場合はどんな職場かな?自分にできるかな?など不安も大きいと思います。

そんな時は、実際に派遣職員として働いてみてから合ってる、合ってないを見極めてから、正職員、契約職員になる紹介予定派遣もおすすめです。

 

 

レバウェル介護で無料登録

 

もし、何か質問などがありましたらお気軽にコメント、Twitterで聞いてくださいね。

 

明日の介護のために。